1. 子供服サイズ選びの課題とは

子供服を選ぶ際、多くの親が直面する問題のひとつが「サイズが合わない」ということ。この現象は、これまでの経験とは違う新しい問題として、親たちの間で話題となっています。特にオンラインショッピングの普及に伴い、手に取って試着することなく購入することが増えてきました。昔は、実店舗で子供と一緒に試着をして、最適なものを選ぶことが一般的でしたが、現代の忙しい生活や豊富なオンラインの選択肢が増えた結果、オンライン購入が主流となってきました。

しかしながら、オンラインショッピングの利便性には目を見張るものがありますが、実際に商品を手にとって確認することができないため、サイズやデザインのイメージがズレることが往々にしてあります。子供の体型は年齢だけで判断するのが難しく、個人の成長ペースや体の発育には大きなばらつきがあるため、同じ年齢の子供でもサイズが合う合わないということが起こるのです。

例えば、6歳の子供に対して6歳用のサイズを選ぶのは一見合理的に思えますが、実際にはその子供が平均よりも背が高かったり、逆に小柄であったりすると、そのサイズ表示と現実が合致しないことがあるのです。

また、オンラインでの購入には、実際の商品と画像の色の違いや、素材感などが伝わりにくいという課題もあります。そのため、想像していたものと異なる商品が届くというケースも少なくありません。特にサイズに関しては、画像だけでは子供の体にどのようにフィットするかのイメージがつきにくいことが多いのです。

待ちに待った商品が届いても、子供の体に合わないというのは、親としても子供としても大きな失望感を伴います。購入した商品を着て喜ぶ子供の姿を想像していた親たちの期待が裏切られる瞬間です。そして、再度返品や交換の手続きをしなければならないという手間や時間が増えるため、購入の際の楽しみが一気になくなってしまうことも。

2. サイズが合わない主な原因

子供服のサイズ選びに失敗する背後には、さまざまな要因が絡み合っています。以下、その主な原因を深く探ってみましょう。

ブランドや国によるサイズ表示の違い まず最初に挙げられるのが、ブランドや国ごとのサイズ表示の違いです。例えば、日本の100cmとアメリカの4Tは、実際のサイズ感が似ているように思えるかもしれませんが、実際にはデザインやカットによって大きく異なることがあります。ヨーロッパのブランドでは、年齢ではなく身長を基準にサイズ表示がされることも多く、これが混乱を招く原因となることも。

また、国やブランドによっては、身体の部位ごとのサイズ感が異なることも。例えば、アジア系のブランドでは肩幅が狭めに作られることが多いのに対し、欧米ブランドではゆったりとした作りが主流となっています。これにより、同じサイズ表示でも、実際の商品のフィット感が大きく変わることがあります。

子供の成長のペースの違い 次に、子供自体の成長のペースの違いも大きな要因として挙げられます。一般的なサイズチャートは、あくまで平均的な子供の成長曲線を基にしています。しかし、実際には子供一人ひとりの成長ペースや体型は異なります。そのため、あるブランドの特定のサイズがある子供にはピッタリ合うものの、別の子供には合わない、というケースは珍しくありません。

洗濯によるサイズ変動 また、衣服の素材によっては、洗濯を繰り返すことで縮んだり伸びたりすることがあります。特に綿100%の商品は洗濯による縮みが起きやすく、これが原因でサイズが合わなくなることも。初めての洗濯時に、洗濯表示をしっかりと確認して、推奨される洗濯方法を守ることで、このような問題を防ぐことができます。

サイズ選びの際には、上記のような要因をしっかりと考慮することが重要です。特に、オンラインショッピングを行う際には、サイズガイドやレビューを参考にして、実際のサイズ感を確認する努力が必要となります。それにより、子供服のサイズ選びの失敗を減らすことができるでしょう。

3. サイズ選びで失敗しないためのポイント

オンラインショッピングで子供服を購入する際、サイズ選びの失敗を防ぐためのポイントは非常に重要です。以下にその具体的なポイントを詳しく探ってみましょう。

詳細なサイズガイドの参照 サイズガイドは、オンラインショップによく掲載されています。このガイドは、ブランドや商品ごとに異なることが多く、一般的なサイズチャートとは異なる情報が詳細に記載されていることが多いです。実際の商品の寸法や、該当する年齢や身長の目安など、具体的な情報をしっかりと確認することで、サイズの失敗を防ぐことができます。

他の購入者のレビューの活用 オンラインショップの多くは、購入者のレビューを掲載しています。これらのレビューには、実際に商品を手に取ったユーザーの声や感想が詳細に書かれており、サイズ感や着心地に関する情報も豊富です。例えば「思っていたよりも大きめでした」や「洗濯後に縮んだ」といった具体的な情報を基に、自身の購入を検討する際の参考とすることができます。

返品・交換ポリシーの確認 サイズが合わなかった場合の返品・交換ポリシーは、購入前にしっかりと確認しておくことが重要です。特に、海外ブランドの商品を購入する場合や、セール商品を選ぶ際には、返品・交換が難しいことがあるため、事前にショップのポリシーを確認して、安心して購入できるかを判断することが必要です。

子供の現在のサイズの確認 子供は日々成長していますので、最後に購入した時のサイズと現在のサイズが異なる可能性があります。定期的に子供の身長や体重を計測し、それを基にサイズ選びをすることが、ミスを防ぐ上での基本となります。また、特定のブランドや商品に関しては、過去に購入した経験をもとにサイズを選ぶという方法も有効です。

サイズ選びの失敗を防ぐためのポイントは、情報収集と事前の準備が鍵となります。上記のポイントを踏まえながら、子供の成長と共に変化する体型を考慮して、賢くショッピングを楽しむことができるでしょう。

4. 最後に

子供服のサイズ選びは、一見難しそうに思えるかもしれませんが、上記のポイントを踏まえて選ぶことで、サイズミスを減らすことができるでしょう。最後に、何よりも子供の快適さを最優先に考え、その上でおしゃれを楽しむことが大切です。次回のショッピング時に、ぜひこの記事を参考にしてください。

子供服のお譲り まとめ

子供たちは毎日のように成長しています。その成長を楽しみながら、おしゃれを楽しむためのコーディネート術を知って、子供の日常をさらに華やかにしてみませんか?子供服やベビー服の着回し術を活用し、おしゃれと節約を両立させる生活を楽しんでください。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】