子供服を選ぶ際、デザインの可愛らしさや色彩の鮮やかさが目を引く要素であることは間違いありません。しかし、それと同じくらい重要なのが素材です。今回は、子供服に多用される二つの素材、平織りとメリヤス編みについて、その特性と子供服における利点を深掘りしてみましょう。

平織りの基本と子供服での利用

平織りは、織物の基本的な形態の一つです。経糸と緯糸を直角に交差させることで布が形成され、その交差点で経糸と緯糸が交互に上下になるように配置されます。この方法で作られる生地は、その構造上、非常に堅牢で、型崩れしにくいという特徴があります。また、表と裏が同じ見た目になるため、両面使いが可能であることも特徴の一つです。

子供服においては、この平織りの堅牢さが非常に重宝されます。活発に動く子供たちの衣服は、頻繁に洗濯されることが多く、そのたびに生地への負担がかかります。平織りの生地は、その耐久性により、頻繁な洗濯にも耐えうる強度を持っているため、子供服の素材として最適です。さらに、シワになりにくいため、保護者にとってもお手入れがしやすいというメリットがあります。

メリヤス編みの柔軟性と快適性

メリヤス編みは、一つの糸をループさせることで生地を形成する編み方です。この編み方により作られる生地は非常に伸縮性が高く、柔らかいのが特徴です。特にTシャツや下着など、直接肌に触れる衣服に多く使われています。

子供服にメリヤス編みを用いる最大の理由は、その伸縮性にあります。子供たちは一日中動き回りますから、衣服には柔軟性が求められます。メリヤス編みの生地は、子供の動きを妨げず、どんなに活発な遊びにも対応できる柔軟性を持っています。また、この編み方で作られた生地は、肌触りが良く、子供の敏感な肌にも優しいので、肌トラブルを起こしにくいという利点もあります。

組み合わせの魅力

現代の子供服では、これら二つの素材を組み合わせて使用することがよくあります。たとえば、動きやすさを考慮して、アクティブウェアの部分的にメリヤス編みを用いつつ、全体の形を保つために平織りの生地を使う、といった具合です。このようにして、服全体の耐久性を保ちつつ、子どもの快適さを最大限に引き出す設計が可能です。例えば、ジャケットの主体を平織りで仕立て、肘や膝の部分にメリヤス編みを配することで、必要な部分に柔軟性を持たせることができます。これにより、見た目はしっかりとした印象を保ちつつ、子供が自由に動きやすい服となるのです。

子供服選びでの素材への配慮

子供服を選ぶ際には、ただ可愛いだけでなく、素材にも注目することが重要です。平織りは耐久性とメンテナンスのしやすさから、デイリーウェアや学校での使用に適しています。一方、メリヤス編みは肌触りが良く伸縮性が高いため、運動会や運動クラブなど、活動的な場面での着用がおすすめです。

また、季節に応じた素材の選択も大切です。暑い季節には通気性と吸湿性に優れたメリヤス編みが適しており、寒い季節には保温性のある平織りの生地が適しています。さらに、アレルギーを持つ子供には、天然素材で作られたメリヤス編みや平織りの服が肌に優しく、安心して着用できる選択肢となります。

まとめ

子供服における平織りとメリヤス編みの利用は、それぞれが持つ独特の特性により、多様なニーズに応えることが可能です。耐久性が求められる場面では平織りを、快適さと動きやすさを重視する場面ではメリヤス編みが適しています。賢くこれらの素材を選ぶことで、子供たちが日々を快適に過ごし、さらに長く服を愛用できるようになります。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】