子供服の素材として、ポリエステルは非常にポピュラーな選択肢です。その理由は、耐久性が高く、色落ちが少なく、手入れが容易であるためです。しかし、ポリエステルには利点だけでなく、環境への影響や肌に対する優しさという点で問題点も指摘されています。この記事では、ポリエステルが子供服に広く使用される理由と、それに伴う様々な側面を掘り下げていきます。

ポリエステルの基本特性

ポリエステルは、化学的に合成された繊維で、主に石油ベースの製品から作られます。その最大の特徴は、非常に強い耐久性を持っていることです。洗濯機で何度洗っても形が崩れにくく、色褪せることが少ないため、頻繁に洗濯する必要がある子供服には理想的な素材です。また、シワになりにくいため、アイロンが不要であることも、忙しい親にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

環境への影響

一方で、ポリエステルの製造過程は環境に負担をかける面もあります。ポリエステルの原料となる石油は、化石燃料であり、その採掘は地球環境への影響が大きいです。さらに、ポリエステル服は分解されにくいため、廃棄された際に環境汚染を引き起こすことがあります。これらの服が海に流出すると、マイクロプラスチックとして海洋汚染の原因にもなり得ます。

肌への優しさ

肌の敏感な子供たちにとって、ポリエステルは必ずしも最適な選択ではありません。合成繊維は天然繊維に比べて通気性が劣るため、着用中に汗をかいた際に湿気が服の内部にこもりやすくなります。これが肌荒れやかぶれの原因になることもあるため、肌の敏感な子供には、コットンやリネンといった天然素材が推奨されることが多いです。

コストパフォーマンスと利便性

ポリエステルのもう一つの大きな利点は、コストパフォーマンスに優れていることです。生産コストが低いため、消費者にとっても手頃な価格で提供されることが多く、経済的な負担が少ないのは大きな魅力です。また、洗濯や保管が容易であるため、日常生活での利便性も高いです。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】