子供たちの成長は早く、あっという間に彼らが着る服が合わなくなったり、遊びで破れてしまったりすることがよくあります。このような状況の中で、不要になった子供服を販売したり、新しい中古の子供服を探したりするのに役立つアプリやサービスが増えてきました。

中古市場、特に子供服のリサイクル市場は、現在非常に活発です。以前はリサイクルショップでの買取が主流でしたが、現在は多くのフリマアプリが出現し、個人間での取引が増えています。以下に、国内で利用できる主な子供服取引アプリやサービスを紹介します。

1. メルカリ: 国内No.1のユーザー数

  • 概要: メルカリは、日本で最も利用者数が多いフリマアプリです。子供服だけでなく、様々な商品の取引が行われており、主婦層からも支持を受けています。
  • メリット:
    • 豊富な出品数により、多種多様な商品を探すことができる。
    • 購入・出品ともに手軽で使いやすい。
  • デメリット:
    • 手数料が10%とやや高め。
    • 売上の振込までの時間がかかることがある。

2. ラクマ: 楽天が提供するフリマアプリ

  • 概要: ラクマは楽天が運営するフリマアプリで、手数料の低さや楽天ポイントの利用などが魅力となっています。
  • メリット:
    • 手数料が3.5%と非常に低い。
    • 楽天のサービスとの連携が取りやすく、ポイントもためやすい。
  • デメリット:
    • メルカリに比べてユーザー数が少ないため、商品の回転率が低くなることがある。

3. ヤフオク: ヤフーが運営する老舗オークションサービス

  • 概要: ヤフオクは長い歴史を持つオークションサービスで、最近はフリマ機能も追加されています。
  • メリット:
    • オークションとフリマの2つの形式で取引可能。
    • ユーザー数が非常に多いため、商品の種類も豊富。
  • デメリット:
    • オークション形式の場合、商品が売れるまでの時間が長くなることがある。

4. OYUZURICLOSET: 手間なく子供服を販売できるサービス

  • 概要: OYUZURICLOSETは、出品の手間を省きたい人向けのサービス。ダンボールに服を入れて送るだけで査定し、買取を行ってくれます。
  • メリット:
    • 出品作業が非常に簡単。
    • 大量の子供服の処分や海外子供服の割引クーポンに変えられる。
  • デメリット:
    • 買取は現金ではなくポイントやギフト券の形でしか受け取れない。
    • 発送に費用がかかる。

まとめ

子供たちの成長に合わせて服を更新する必要がある中、上記のアプリやサービスを利用することで、不要な子供服を手軽に販売したり、新しい服を安く購入したりすることができます。各サービスには一長一短があるため、自分のライフスタイルやニーズに合わせて最適なものを選ぶことが重要です。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】