子育ての冒険に新たに足を踏み入れたばかりの皆さん、初めての子育てって結構大変ですよね?「あのときこうしておけばよかった」という後悔の気持ちを持つこともあるでしょう。私もそうでした。

初めての育児の不安

初めての育児には、不安や疑問、悩みがたくさん。
たとえ何度も出産を経験しているベテランママであっても、最初の子育ては初心者からのスタートです。
いろいろなことに手を出しては、うまくいかなかったり、良かったと思った方法が突然通用しなくなったり。私自身も今でも悩みの連続。
子供を愛する気持ちから最善の方法を求めて日々奮闘しています。

赤ちゃん時代の日々の大変さ

0~1歳の赤ちゃんというのは特別な存在です。
彼らの成長速度は信じられないほど速く、毎日が新しい発見の連続。
そのため毎日のお世話もとにかく忙しい。授乳やミルクの時間、オムツ替え、そして次第に動き始める赤ちゃんの監視…。それに、あの可愛さと同時に、子育ての大変さを痛感する時期でもあります。

「今」が一番大変?

子供は成長すると自分の意志をしっかりと持って行動することが増えます。そして、その自分の意志と私の意見が合わないとすぐに反抗もします。でも、赤ちゃんの頃を思い返すと、そのときもそれはそれで大変だった。子育ての大変さは、子供の成長と共に変わっていくので、常に「今」が一番大変な時期なのかもしれません。

先輩ママのアドバイスを

子育てに関する悩みや疑問は、先輩ママたちの経験談やアドバイスで解決することも多いです。もちろん、全てのアドバイスが自分の状況に合致するわけではありませんが、彼女たちの経験を参考にしてみる価値はありますよ。

子供が0~1歳の頃にやっておけばよかったこと

子供が0~1歳の時にやっておけばよかったことを紹介します。

  1. 赤ちゃんの成長を日記に記録すべきだった

生後0〜1歳の間は、赤ちゃんの成長と変化が最も急激に進行する期間です。この時期には、初めての笑顔、初めての歩行、初めての言葉など、数え切れないほどの「初めて」があります。多くの親は日常の忙しさや疲れから、これらの貴重な瞬間を逃してしまうことが多いです。そして、時間が経過すると、具体的に赤ちゃんがいつどのような進歩を見せたのかを思い出すのは難しくなります。そのため、赤ちゃんの日々の変化や進歩を日記や写真で定期的に記録することは、後に大切な思い出として振り返ることができるだけでなく、子供の成長過程を詳細に把握する上でも非常に重要だと筆者は感じています。

  1. 子供に自分で食事をさせるべきだった

筆者は以前、子供に自ら食事をする経験をあまりさせずに、主に親が食べさせて食べこぼしや汚れを最小限に抑えていました。しかし、このようなスタイルが子供の独立した食事のスキルを養う妨げとなりました。他の子供たちが自らスプーンを持って食事を楽しんでいる中、筆者の子供は自分で食べるのに慣れていなかったのです。この経験から、子供には早いうちから自らの手で食事をする経験をさせ、独立心や食事のスキルを育てることの重要性を痛感しました。

  1. 子供を水に慣れさせるべきだった

新生児の頃、筆者は子供の入浴時に顔に水がかからないように特に気を付けていました。その結果、子供は少しの水の飛び散りにも強く反応し、顔に水がかかるのを極端に嫌がるようになりました。水に対する恐怖や苦手意識は、早いうちからの習慣や経験に起因することが多いとされています。そのため、筆者は早いうちから子供に水との接触を経験させることで、水に対する恐怖心を減少させることができると考えています。

  1. 父親ともっと触れ合いの機会を持たせるべきだった

現代の多くの家庭では、母親が主に育児を担当し、父親の参加は比較的少ないのが一般的です。筆者の家庭もその例外ではなく、父親の帰宅が遅く、主な育児の役割は母親が担っていました。この結果、子供は父親との触れ合いの機会が少なくなり、母親への依存度が高まりました。子供が父親との関係を深めるためには、早いうちからの触れ合いが重要であり、父親も育児の一部としての役割を意識的に果たすことが求められます。


新しいことを始めるとき、完璧を求めるあまり自分を過度に追い込んでしまうこともあるでしょう。しかし、子育ては完璧を求めるものではありません。大切なのは、子供と共に成長し、学びながら一緒に歩んでいくこと。だから、後悔や失敗も、新しい一歩を踏み出すための貴重な経験と捉えてみましょう。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】