子供服発送梱包のすべて:プロが教える7ステップと詳細解説

子供服をフリマアプリやオークションサイトで販売したり、遠方の家族や友人に贈ったりする機会は、子育て世代にとって決して少なくありません。しかし、せっかくの子供服が配送中に傷ついたり、型崩れを起こしたりしては、送り手としても受け手としても残念な気持ちになってしまいます。

そこで今回は、子供服を発送する際の梱包方法について、プロが実践する7つのステップと注意点を、より詳細に解説していきます。それぞれのステップで考慮すべきポイントや具体的なテクニックを学ぶことで、子供服をより安全かつ美しく送り届けることができるでしょう。

ステップ1:最適な発送方法を選ぶ

子供服の発送方法を選ぶ際には、以下の3つの要素を考慮することが重要です。

  1. 子供服のサイズと枚数:
    • 薄手のTシャツやズボンを1〜2枚送る程度であれば、定形外郵便やゆうメールといった安価な方法で十分かもしれません。
    • 複数のアイテムを送る場合や、厚手の冬物衣料の場合は、レターパックやゆうパケット、クリックポストなどを検討しましょう。
    • 大量に送る場合や、かさばるアイテムが含まれる場合は、宅配便が最も安全で確実な選択肢となります。
  2. 発送先の場所:
    • 国内発送であれば、日本郵便やヤマト運輸、佐川急便などの主要な配送業者が選択肢となります。
    • 海外発送の場合は、国際郵便やEMS、DHLなどの国際宅配便サービスを利用することになります。それぞれのサービスの料金や配送日数、追跡サービスの有無などを比較検討し、最適なものを選びましょう。
  3. 予算:
    • 送料は発送方法によって大きく異なります。予算に合わせて、最もコストパフォーマンスの高い方法を選びましょう。
    • ただし、あまりに送料をケチりすぎると、梱包が不十分になり、子供服が傷んでしまう可能性もあります。安全性を考慮することも重要です。

ステップ2:必要な梱包資材を揃える

子供服を安全に発送するためには、適切な梱包資材を選ぶことが欠かせません。それぞれの資材の役割と選び方のポイントを詳しく見ていきましょう。

  1. OPP袋:
    • 透明なOPP袋は、子供服をホコリや汚れから保護するだけでなく、中身を見やすくする役割も果たします。
    • 子供服のサイズに合わせて、適切な大きさのOPP袋を選びましょう。
    • 厚手のOPP袋を選ぶと、より強度が増し、破れにくくなります。
  2. ビニール袋:
    • OPP袋に入れた子供服を、さらにビニール袋に入れることで、水濡れから守ることができます。
    • 特に雨の日や、湿度が高い時期には、ビニール袋による防水対策が重要です。
    • 厚手のビニール袋や、チャック付きのビニール袋を選ぶと、より安心して発送できます。
  3. 封筒・宅配ビニール袋・ダンボール:
    • 発送方法に合わせて、適切な外装を選びましょう。
    • 定形外郵便やレターパックの場合は、専用の封筒が用意されています。
    • ゆうパケットやクリックポストの場合は、A4サイズ以内の宅配ビニール袋が便利です。
    • 宅配便の場合は、子供服の量やサイズに合わせて、適切な大きさのダンボールを選びましょう。
  4. 緩衝材:
    • 緩衝材は、梱包材の隙間を埋め、子供服を衝撃から保護する役割を果たします。
    • 新聞紙やプチプチ、エアークッションなど、さまざまな種類の緩衝材があります。
    • 子供服の素材や形状に合わせて、最適な緩衝材を選びましょう。
    • 例えば、デリケートな素材の子供服には、柔らかいエアークッションがおすすめです。
  5. ガムテープ・セロハンテープ:
    • 梱包材をしっかりと閉じ、中身が飛び出さないようにするために、ガムテープやセロハンテープが必要です。
    • ガムテープは強度が高いですが、剥がす際に梱包材が破れる可能性があります。
    • セロハンテープは手軽に使えますが、強度が弱く、剥がれやすいのが難点です。
    • どちらも用途に合わせて使い分けましょう。
  6. 宛名ラベル・送り状:
    • 宛名ラベルや送り状には、送り主と受取人の住所、氏名、電話番号、品名などを正確に記入しましょう。
    • 宛名ラベルは、配送業者から無料で入手できる場合もあります。
    • 送り状は、宅配便を利用する場合に必要となります。

ステップ3:子供服を丁寧に畳む

子供服を丁寧に畳むことは、シワや型崩れを防ぐだけでなく、梱包スペースを節約するためにも重要です。

  1. ボタンやファスナーを閉める:
    • ボタンやファスナーが開いたままだと、他の衣類に引っかかって傷ついたり、型崩れの原因になったりします。
    • 必ずボタンやファスナーを閉めてから畳みましょう。
  2. 裏返して畳む:
    • プリントや装飾がある子供服は、裏返して畳むことで、表面を保護することができます。
    • プリントや装飾がない場合は、表のまま畳んでも問題ありません。
  3. 袖を内側に折り畳む:
    • 袖を内側に折り畳むことで、かさばりを抑え、コンパクトに畳むことができます。
  4. 裾を合わせて半分に折る:
    • 裾を合わせて半分に折ることで、さらにコンパクトになります。
    • 子供服のサイズによっては、さらに半分に折ることも可能です。

ステップ4:OPP袋に入れる

畳んだ子供服をOPP袋に入れることで、ホコリや汚れから保護することができます。

  1. 子供服のサイズに合ったOPP袋を選ぶ:
    • 小さすぎるOPP袋に入れると、子供服が窮屈になり、シワの原因になります。
    • 大きすぎるOPP袋に入れると、余分なスペースができてしまい、梱包材が無駄になります。
    • 子供服のサイズに合わせて、適切な大きさのOPP袋を選びましょう。
  2. 空気を抜きながら封を閉じる:
    • OPP袋に入れた子供服は、空気を抜きながら封を閉じることで、よりコンパクトに梱包できます。
    • 空気を抜くことで、子供服がOPP袋の中で動くのを防ぎ、シワや型崩れを防ぐ効果もあります。

ステップ5:ビニール袋に入れる(必要な場合)

OPP袋に入れた子供服を、さらにビニール袋に入れることで、水濡れから保護することができます。

  1. 雨の日や、湿度が高い時期にはビニール袋に入れる:
    • 雨の日や、湿度が高い時期には、ビニール袋による防水対策が特に重要です。
    • ビニール袋に入れることで、万が一、配送中に雨が降っても、子供服が濡れる心配がありません。
  2. 厚手のビニール袋や、チャック付きのビニール袋を選ぶ:
    • 厚手のビニール袋や、チャック付きのビニール袋を選ぶと、より安心して発送できます。
    • 厚手のビニール袋は、破れにくく、水濡れからしっかりと子供服を守ります。
    • チャック付きのビニール袋は、開け閉めが簡単で、何度も繰り返し使えるので便利です。

ステップ6:封筒・宅配ビニール袋・ダンボールに詰める

発送方法に合わせて、子供服を封筒・宅配ビニール袋・ダンボールに詰めましょう。

  1. 封筒:
    • 薄手の子供服を1〜2枚送る程度であれば、封筒で十分です。
    • 定形外郵便やレターパックの場合は、専用の封筒が用意されています。
  2. 宅配ビニール袋:
    • 複数の子供服を送る場合や、厚手の子供服を送る場合は、宅配ビニール袋が便利です。
    • ゆうパケットやクリックポストの場合は、A4サイズ以内の宅配ビニール袋が利用できます。
  3. ダンボール:
    • 大量の子供服を送る場合や、型崩れしやすい子供服を送る場合は、ダンボールがおすすめです。
    • ダンボールは、衝撃から子供服をしっかりと守ることができます。
    • 子供服の量やサイズに合わせて、適切な大きさのダンボールを選びましょう。
  4. 隙間には緩衝材を詰める:
    • 子供服を詰めた後、隙間には緩衝材を詰めて、子供服が動かないように固定しましょう。
    • 緩衝材は、新聞紙やプチプチ、エアークッションなど、さまざまな種類があります。
    • 子供服の素材や形状に合わせて、最適な緩衝材を選びましょう。

ステップ7:宛名ラベル・送り状を貼る

最後に、宛名ラベルや送り状を貼り付けます。

  1. 送り主と受取人の住所、氏名、電話番号、品名などを正確に記入する:
    • 宛名ラベルや送り状には、送り主と受取人の住所、氏名、電話番号、品名などを正確に記入しましょう。
    • 誤字脱字や記入漏れがあると、配送が遅れたり、届かなかったりする可能性があります。
  1. 配送業者から入手できる宛名ラベルを利用する:
    • 宛名ラベルは、郵便局や宅配業者の窓口で入手できるほか、オンラインでダウンロードして印刷することも可能です。
    • 手書きよりも見やすく、誤配を防ぐためにも、専用の宛名ラベルを利用することをおすすめします。
  2. 送り状は宅配便を利用する場合に必要:
    • 宅配便を利用する場合は、送り状に必要事項を記入し、荷物に貼り付けましょう。
    • 送り状は、配送業者から無料で入手できます。

梱包の注意点:子供服を安全に届けるために

子供服を発送する際には、上記の基本的なステップに加えて、以下の注意点にも気を配る必要があります。

  1. 清潔な状態で梱包する:
    • 子供服は、必ず洗濯して汚れやシミを取り除いてから梱包しましょう。
    • 汚れやシミが付いたまま発送すると、受け取る相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。
    • また、洗濯することで、子供服についた雑菌やダニなどを除去することができます。
  2. サイズに合った梱包材を選ぶ:
    • 子供服のサイズに合った梱包材を選ぶことは、送料を抑えるためにも重要です。
    • 小さすぎる梱包材に入れると、子供服が窮屈になり、シワや型崩れの原因になります。
    • 大きすぎる梱包材に入れると、余分なスペースができてしまい、送料が高くなってしまいます。
  3. 緩衝材を適切に使う:
    • 緩衝材は、子供服を衝撃から守るために必要不可欠なものです。
    • 緩衝材の種類や量を適切に選ぶことで、子供服をより安全に発送することができます。
    • 特に、ボタンや装飾品が付いている子供服は、緩衝材で丁寧に保護することが大切です。
  4. 防水対策を徹底する:
    • 雨の日や、湿度が高い時期には、ビニール袋などを活用して、防水対策を徹底しましょう。
    • 防水対策を怠ると、子供服が水濡れしてしまい、シミやカビの原因になることがあります。
  5. 丁寧に梱包する:
    • 子供服はデリケートな商品なので、丁寧に扱うことが大切です。
    • 乱暴に扱うと、シワや型崩れの原因になります。
    • 梱包する際は、子供服を優しく扱い、丁寧に畳むように心がけましょう。

まとめ:子供服を安全・確実に届けるために

子供服を発送する際の梱包は、一見すると手間がかかるように思えるかもしれません。しかし、今回ご紹介した7つのステップと注意点をしっかりと守ることで、子供服を安全かつ確実に相手に届けることができます。

フリマアプリやオークションサイトで子供服を販売する際には、梱包の丁寧さが、購入者からの評価に影響を与えることもあります。また、遠方の家族や友人に子供服を贈る際には、梱包の美しさが、贈り物としての価値を高めることにもつながります。

今回のガイドを参考に、子供服の発送梱包をマスターし、送り手としても受け手としても、気持ちの良い取引を実現しましょう。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】