子供服を売るならクリーニングは必須?プロが教える高額査定のコツ

サイズアウトしてしまった子供服、捨てるのはもったいないけれど、誰かに譲るのも良いけれど、少しでもお金になれば嬉しいですよね。フリマアプリやリサイクルショップなど、子供服を売る方法は様々ですが、少しでも高く売るためにはどうすれば良いのでしょうか?この記事では、子供服を少しでも高く売るために、クリーニングの必要性や効果的な方法、高額査定のポイントについて、プロの視点から詳しく解説します。

1. クリーニングは必要?しない?状況別に判断しよう

子供服を売る際にクリーニングが必要かどうかは、一概には言えません。服の状態や売る場所によって判断する必要があります。

クリーニングが必要な場合

  • 汚れが目立つ服:食べこぼし、泥汚れ、汗ジミ、ミルクの吐き戻しなど、目立つ汚れがある服は、クリーニングに出すことで査定額がアップする可能性があります。特に、白い服や淡い色の服は、汚れが目立ちやすいので注意が必要です。ブランド物の服は、綺麗な状態で査定に出すことで、より高値がつきやすくなります。
  • においが気になる服:タバコや食べ物のにおい、汗のにおい、ペットのにおいなどが染みついている服は、クリーニングで除去できる場合があります。においは査定に影響を与える可能性があるので、気になる場合はクリーニングを検討しましょう。特に、クローゼットに長期間保管していた服は、カビ臭いにおいがする場合があるので注意が必要です。
  • シワが目立つ服:シワが目立つ服は、クリーニングに出すことで、見た目が良くなり査定額アップに繋がることがあります。特に、フォーマルな服や、素材によってはアイロンがけが難しい服は、クリーニングがおすすめです。シワがあると、服が古く見えたり、手入れがされていない印象を与えてしまう可能性があります。

クリーニングが不要な場合

  • 汚れやにおいがほとんどない服:着用回数が少なく、目立った汚れやにおいがない服は、クリーニングに出さなくても問題ありません。ただし、査定に出す前に一度洗濯をして、清潔な状態にしておくことをおすすめします。
  • クリーニング表示が「×」の服:水洗い不可の表示がある服は、クリーニングに出すと生地が傷む可能性があるので避けましょう。自宅で優しく手洗いするか、汚れが気になる場合は部分的に拭き取るなど、クリーニング以外の方法で対処しましょう。
  • ノーブランドの服:ノーブランドの服は、クリーニング代に見合う査定額アップが期待できない場合があります。クリーニング代を考慮して、売るかどうかを判断しましょう。

2. クリーニングに出すならいつ?タイミングが重要

クリーニングに出すタイミングは、服の状態や売る時期によって異なります。

  • 汚れやにおいが気になる場合:できるだけ早くクリーニングに出しましょう。時間が経つほど汚れが落ちにくくなり、においも取れにくくなります。特に、食べこぼしや汗ジミは、時間が経つと変色したり、生地を傷める原因になる可能性があります。
  • シワが目立つ場合:査定に出す直前にクリーニングに出すと、綺麗な状態で査定してもらえます。ただし、クリーニングから戻ってきた服は、ビニール袋から出して保管し、湿気がこもらないように注意しましょう。
  • 売る時期:春夏物なら3~5月、秋冬物なら9~11月が売り時です。この時期に合わせてクリーニングに出すと、需要が高く、良い状態で査定してもらえます。季節外の服は、売れにくかったり、査定額が下がってしまう可能性があります。

3. 高額査定のコツは?プロが教えるポイント

クリーニング以外にも、子供服を高く売るためのポイントがあります。

  1. 売る場所を選ぶ:フリマアプリ、リサイクルショップ、オークションサイトなど、様々な売る場所があります。それぞれの特徴を理解し、自分の状況に合った場所を選びましょう。フリマアプリは手軽に出品できますが、価格交渉や発送の手間がかかります。リサイクルショップはすぐに現金化できますが、査定額が低くなる場合があります。オークションサイトは高値で売れる可能性がありますが、出品や発送の手間がかかります。
  2. 写真を工夫する:明るい場所で、服の全体像がわかるように写真を撮りましょう。汚れや傷がある場合は、正直に記載することが大切です。写真を加工したり、実物と異なる印象を与えるような写真は避けましょう。複数の角度から写真を撮ったり、着画を載せるのも効果的です。
  3. 説明文を丁寧に書く:ブランド名、サイズ、素材、状態などを詳しく書きましょう。着用回数や購入時期なども記載すると、購入者がイメージしやすくなります。購入者が疑問に思うような情報は、事前に記載しておくことで、スムーズな取引に繋がります。
  4. 適正価格を設定する:相場を調べて、適正価格を設定しましょう。高すぎる価格設定は売れにくくなります。同じような商品がいくらで売れているか、過去の取引履歴などを参考にしましょう。値下げ交渉をされることも想定して、少し高めに設定しておくのも一つの方法です。
  5. まとめ売りを活用する:同じブランドやサイズの服をまとめて売ると、購入者が興味を持ちやすくなります。コーディネートしやすいように、上下セットで売ったり、テーマを決めてまとめ売りするのもおすすめです。まとめ売りすることで、送料を節約できる場合もあります。

まとめ:クリーニングが必要かどうかは状況による

子供服を売る際は、クリーニングが必要かどうかを状況に応じて判断し、適切なタイミングでクリーニングに出すことが大切です。また、クリーニング以外にも、売る場所の選択、写真の撮り方、説明文の書き方、価格設定など、様々なポイントを押さえることで、子供服を少しでも高く売ることができます。この記事を参考に、不要になった子供服を有効活用してください。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】