子供服の寿命はどれくらい?素材・サイズ・ケア方法別の長持ちさせるコツ

子供が成長する喜びと共に、頭を悩ませるのが「子供服、一体いつまで着られるの?」という疑問。あっという間にサイズアウトしてしまう子供服、その寿命はどれくらいなのでしょうか?この記事では、素材、サイズ、ケア方法という3つの視点から子供服の寿命に影響を与える要素を徹底解説。さらに、子供服を長持ちさせる具体的な方法や、サイズアウト後の賢い活用法までご紹介します。

1章 子供服の寿命を決める3つの要素

子供服の寿命は、以下の3つの要素によって大きく左右されます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1. 素材:天然?合成?寿命を左右する繊維の種類

子供服の素材は、大きく天然繊維と合成繊維に分けられます。それぞれの特性と寿命への影響について解説します。

  • 合成繊維(ポリエステル、ナイロンなど)

合成繊維は、石油を原料とした化学繊維です。耐久性が高く、摩擦や引っ張りに強いのが特徴。洗濯を繰り返しても型崩れしにくく、速乾性にも優れているため、日常使いの子供服に最適です。特に、活発に動き回る子供には、丈夫な合成繊維製の服がおすすめです。

  • 天然繊維(綿、麻、ウールなど)

天然繊維は、植物や動物から採取される繊維です。肌触りが良く、吸湿性・通気性に優れているため、デリケートな子供の肌にも優しいのが特徴です。しかし、摩擦に弱く、縮みや色褪せが起こりやすいというデメリットもあります。特に、綿素材の服は洗濯を重ねると徐々に風合いが変化し、寿命が短くなる傾向にあります。

  • 天然繊維と合成繊維の混合素材

それぞれの素材のメリットを活かした混合素材も数多く存在します。例えば、綿とポリエステルの混合素材は、肌触りの良さと耐久性を兼ね備えています。子供の年齢や活動量に合わせて、適切な素材を選ぶことが大切です。

1-2. サイズ:子供の成長スピードとサイズアウトの関係

子供の成長は著しく、特に乳幼児期は数ヶ月でサイズアウトすることも珍しくありません。幼児期以降は成長が緩やかになりますが、それでも1年〜2年で着られなくなることが多いでしょう。子供服の寿命を考える上で、子供の成長スピードは非常に重要な要素です。

サイズアウトを防ぐためには、少し大きめのサイズを選ぶことが有効です。しかし、大きすぎると動きにくく、転倒の原因になることもあるため、注意が必要です。子供の体型や成長曲線を参考に、適切なサイズを選びましょう。

1-3. ケア方法:洗濯から保管まで、寿命を左右する日々の習慣

子供服の寿命は、日々のケア方法によっても大きく変わります。

  • 洗濯方法

洗濯表示に従って適切な方法で洗濯することが重要です。特に、乾燥機は生地を傷める原因となるため、使用頻度を減らすことをおすすめします。また、色落ちしやすい服は他の洗濯物と分けて洗う、おしゃれ着用の洗剤を使うなどの工夫も有効です。

  • 保管方法

しわにならないようにハンガーにかけたり、畳んで保管したりしましょう。直射日光や高温多湿を避け、風通しの良い場所で保管することが大切です。防虫剤や除湿剤を活用するのも効果的です。

  • 修理

ほつれや破れを見つけたら、早めに修理しましょう。小さなダメージを放置すると、さらに悪化してしまい、寿命を縮める原因になります。

2章 子供服を長持ちさせる5つのコツ

子供服を少しでも長く着られるように、以下の5つのコツを実践してみましょう。

  1. 適切なサイズ選び: 子供の成長を考慮して、少し大きめのサイズを選びましょう。ただし、大きすぎると動きにくく、転倒の原因になることもあるため、注意が必要です。
  2. 洗濯表示に従った洗濯: 洗濯表示に従って適切な方法で洗濯しましょう。乾燥機は生地を傷める原因となるため、使用頻度を減らすことをおすすめします。
  3. 丁寧なアイロンがけ: アイロンがけは、しわを伸ばすだけでなく、繊維を保護する効果もあります。低温で優しくアイロンをかけましょう。
  4. 迅速なシミ抜き: 食べこぼしなどのシミは、放置すると落ちにくくなります。早めに適切な方法でシミ抜きを行いましょう。
  5. 適切な保管: しわにならないようにハンガーにかけたり、畳んで保管したりしましょう。直射日光や高温多湿を避け、風通しの良い場所で保管することが大切です。

3章 サイズアウトした子供服、賢い活用法

サイズアウトした子供服は、捨てるのではなく、以下の方法で有効活用しましょう。

  1. お下がり: 兄弟姉妹や親戚、友人などに譲ることで、子供服を有効活用できます。
  2. リサイクル: フリマアプリやリサイクルショップで売ったり、寄付したりすることもできます。
  3. リメイク: サイズアウトした子供服をリメイクして、小物や別のアイテムに生まれ変わらせることも可能です。

4章 まとめ

子供服の寿命は、素材、サイズ、ケア方法によって大きく異なります。この記事で紹介した情報を参考に、子供服を大切に長く着られるように工夫してみてください。子供の成長を喜びつつ、賢く子供服を活用することで、より豊かな子育てライフを送れるはずです。

子供服・ベビー服の買取販売!OYUZURI CLOSETとは

OYUZURI CLOSETでは、子供服・ベビー服の古着、型落ち商品、など、海外のブランドを中心に取り扱っており、格安で手に入れることができます。


・中には昔欲しかったけど買えなかった服や、お気に入りの服が見つかるかもしれません。
販売している子供服はこちら↓
【ショップはこちら】

・不定期でインスタグラムのライブにて、オークション形式で破格の安さで子供服の販売を行なうこともありますので、ぜひインスタグラムもフォローしてください!

【インスタはこちら】


・着られなくなった子供服・ベビー服の買取サービスも行っておりますのでお気軽にご相談ください。
【買取についてはこちら】